幕張炭酸整体院にしかわ/頚椎ヘルニアの症状と原因、施術方法

頚椎ヘルニアの症状と原因、施術方法

「ヘルニア」というと、まず思い浮かぶのはなんでしょうか?

多くの方が「腰椎椎間板ヘルニア」を思い浮かべるのではないでしょうか?

実は首に起こる頚椎椎間板ヘルニアもあるのです。頚椎ヘルニアについてお話ししていきましょう。

首には7つの骨があり、骨と骨との間にあるクッションの役割をしているのが椎間板(ついかんばん)です。

その椎間板が飛び出ることを椎間板ヘルニアといいます。

なので、首に起きるヘルニアを頚椎椎間板ヘルニアといいます。

【原因】

椎間板は繊維輪(周辺の硬い部分)と、髄核(中心部分)で構成されています。

この繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出し(腫れて)、神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こします。

【症状】

こんなお悩みありませんか?

首が痛くていつも特定の方向だけ、動かすのが困難。

パソコンの作業をしていると、すぐに首が張ってくる。

後ろを振り向くたびに、首が痛い。

くしゃみをするだけで、首や肩に響いてつらい・・・。

整体やマッサージ、鍼灸に通ったけど効果があるのはその日だけ。

仕事柄、下を向くことが多く首がつらい。

レントゲンやMRI撮影をしても、有効な治療をしてもらえなかった。

首に針を刺すブロック注射だけは怖いので避けたい。

このまま一生、首の痛みに付き合うかと思うとウンザリ。

【施術方法】

椎間板がつぶれてしまう原因となっている体のゆがみをチェックして、正していき、痛みの原因となっている椎間板の弾力を取り戻すよう施術していくことにより、症状を改善していきます。

今すぐ電話でご相談