幕張炭酸整体院にしかわ/ブログ

整体なら幕張にしかわ整骨院 >  四十肩・五十肩 >  四十肩と五十肩の違いって何?

四十肩と五十肩の違いって何?

女性が肩を押さえている画像

よく、四十肩になってしまった、五十肩になってしまったとかを耳にすると思いますが、四十と五十で何か違いがあるのと思ったことはありませんか?

四十、五十で症状の違いはあるのか?どちらがひどいのか?単に年齢だけを言っているのか?回復の速度に違いがあるのか?など、様々な疑問があると思います。

今回は、その違いなどを詳しく解説していきたいと思います。

四十肩、五十肩の違いとは

40代から50代に多く発症する、肩関節が固まってしまい、肩関節の周囲に炎症がおきてしまうことを肩関節周囲炎、いわゆる、四十肩、五十肩と言います。発症する年代の違いで、呼び方が違うのです。

もともとは、50代が多かった五十肩が最近では40代にも発症することから、四十肩が追加されたのです。

四十肩、五十肩とは

肩周辺に起こる炎症で、肩関節周囲炎といいます。

原因

肩を普段から動かさない、長時間同じ姿勢などが多い。

・デスクワーク
・毎日同じ姿勢での作業

症状

肩周辺の痛みがひどく、腕が挙げられない、夜寝ていると痛みがひどくなることが特徴です。

・洋服を着るときに肩に激痛が走る
・夜中に眠れないほどの痛み(夜間痛)が出る。
・洗濯物を干せない
・背中に手が回せないため、入浴中に洗いずらい

四十肩、五十肩の病期

ひとそれぞれ、治るまでの期間に違いは出ますが、必ず病期があります。

急性期

炎症期とも言われ、関節の炎症が非常に強く、痛みも強い時期です。痛みが出始めてから2~3週間程度で、絶対安静が必要です。

無理に動かそうとせずに、三角巾などがあれば、腕を吊ることで、痛みを軽減できます。

慢性期

痛みが出始めてから、約1ヶ月ほどから慢性期に移行します。痛みはかなりやわらぎ、夜も眠れるようになります。ただし、鈍い痛みは続き、関節の運動制限はまだある状態です。

回復期

痛みが出始めて、半年ほどから回復期に入ります。この時期は自覚症状も無くなっていきます。

四十肩、五十肩の治療方法とケアの仕方

各病期によって、治療法やケアが変わってきます。

急性期

この時期は安静が必要となる為、薬物療法も視野に入れておきましょう。痛みの度合いが、強いと、かえって血流を悪くしてしまうからです。痛みの強さ、専門の先生と相談して、投与する期間を決めましょう。

治療方法

・鎮痛消炎剤の投与、シップ
・局所麻酔やステロイドなど
・痛みがひどく眠れない場合は座薬など
・アイシングによる局所冷却法

ケア

急性期なので、痛みが強いのですが、動かさなすぎも癒着してしまいます。急性期に行う体操の一つとして「振り子体操」があります。

前かがみで腕を振っている画像

上記の画像のように、腰を曲げて、痛い方の腕を振り子のように振る体操です。前後、左右してみてください。ペットボトルなどを持って行ってもよいでしょう。痛みが強い場合はしないでください。

慢性期

この時期から痛みが軽減しているので、積極的に患部の治療や運動をしていきましょう。

治療方法

・鍼、整体、物理療法

ケア

先ほどの振り子体操や、動く範囲で出来る運動、普段か行っていた運動などをしてください。温浴なども効果があるので行ってみてください。

回復期

自覚症状も軽減されているので、治療や運動を継続的に行いましょう。痛みが残らいように注意しましょう。

治療方法

・定期的に鍼、整体、物理療法など行う

ケア

運動制限が出ないように、普段から意識をして、積極的に体を動かしましょう。

まとめ

四十肩、五十肩、呼び方は違いますが、原因や症状は一緒です。発症する多い年代と覚えておきましょう。

本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

にしかわ整骨院 お問い合わせボタン

関連記事

今すぐ電話でご相談